妊娠初期に、葉酸サプリは天然ものと合成のもの、どちらが素晴らしい?

妊娠初期には十分な葉酸サプリを食することがすすめられていますね。十分に葉酸が摂れてないと、胎児に悪影響を及ぼしてしまうからだ。葉酸には、天然葉酸と合成葉酸の2つがあります。これってどのように違うのでしょうか。どちらを摂った方がいいのでしょうか。

天然葉酸はポリグルタミン酸葉酸と言われています。緑黄色野菜やレバー、卵の黄身、豆類、海藻等に数多く含まれています。こういうポリグルタミン酸葉酸は、腸に入るとモノグルタミン酸型葉酸に分解されて、体に吸収されます。吸収率は5割なので、吸収されなかった分は体外へ排出されることになります。ですから、食物から葉酸を加えるのは実に大変です。

合成葉酸はモノグルタミン酸型葉酸と言われています。これは体への吸収率が厳しく、85パーセントになります。厚生労働省がすすめているのがこういう合成葉酸だ。妊娠初期の方の葉酸必要量は毎日640マイクログラムですから、食品で葉酸を240マイクログラム摂り、あとの400マイクログラムは合成葉酸サプリから摂るようにとすすめているのです。

ですが、天然葉酸サプリも売られていて、購入する側は天然葉酸とか、オーガニックとか書いているサプリの方が良いのではないかと想う人もいるようです。合成葉酸って大丈夫なの?体に良くないんじゃないの?と思われる方もいるかもしれません。それは合成したものは危険だと、勘違いされているからかもしれません。当然、信じられないほど安く売られている合成葉酸サプリは、どのように作られているのか分かりませんので、絶対に購入するべきではありませんが、高い品質管理のもと、一概に作られている合成葉酸サプリは、やっぱり安心です。

また、天然葉酸のみで作られているから安心とか、ことさらそういった面を強調やるサプリはちょっと疑った方がいいかもしれません。天然の食物もアレルギーを起こすこともありますし、天然=安全というわけでもありません。

ですから、妊娠初期に葉酸サプリを用いるなら、吸収率の良い合成葉酸サプリを摂った方がいいと言えるでしょう。選ぶ時折、合成葉酸ですモノグルタミン酸型葉酸と書かれているもの、他にもビタミン、ミネラル等の栄養素もあること、GMP(クオリティコントロールや製造管理に関する基準)の認定を受けた工場で作られているかなどを確認しましょう。http://www.momokoogaki.jp/

妊娠初期に、葉酸サプリは天然ものと合成のもの、どちらが素晴らしい?