ピアノ

小学生、速い子供で幼稚園、保育園のときからする子が多い人気の習い事「ピアノ」。
ピアノがはじけると素晴らしいと女子の憧れでもあります。
親としても小さいうちに音楽に触れておくことで音感、リズム感を飼うことができるため習わせておきたい小学生に人気の習い事の1つです。
また楽譜も読めるようになるため、小学生になったとき音楽の授業で楽譜をスムーズに掴むことができて役に立ちます。
将来的に音楽に興味を持って部活やクラブ、仕事などで楽器に関わるときにも楽譜が読めると便利です。
ピアノでは発表会があるため、皆の前に出て発表をすると自信につながります。
一層小学校、中学校などで行われる音楽会、合唱発表会などの際に伴奏を任される場合もあるので、選出変わるという義憤、皆の前で演奏やるというストレス、エライときの満足を味わうことができます。
ただしピアノやその他の楽器すべてにおいて当てはまることですが、習い事として通っている教室での練習時間はきわめてわずかです。
残りは毎日自宅で自主練習を行わなければいけません。
意外と音楽が好きでせっせと積み重ねることが嫌いな子供でなければ実に続けさせるのはしんどいという問題があります。

ピアノ教室は、個人宅で行われるピアノ教室から、大手音楽教室が行っているもの、カルチャーセンターで行われているものなど大きいだ。
1回のレッスン時間は約半で、自宅で練習してきた成果を見て味わうといった感じです。
月謝は4,000円〜9,000円と大きいだ。

習い事としてピアノを習うメリット、デメリットをまとめました。
<メリット>
音感、リズム感が身につくこと。
楽譜が読めるようになること。
指先を取り回すため脳を活性化して脳の発達に良い効果があると言われています。
毎日せっせと自主練習を続けていく結果、努力する習慣をつけることができます。

<デメリット>
ピアノを練習用にと自宅に買うとなった場合、初期費用が大いにおっきいこと。
ピアノ本体は30万円〜100万円かかります。
これに調律など維持費がかかります。
子供が練習をなんだか諦めるとき、親が気にかけて練習をさせなければいけなくなります。
結果自主的に練習ができない子供は親側もピアノがストレスとなってしまい、辞めてしまうについてが多いです。おすすめ

ピアノ